玄関ホールとリビングの間にドアがない為、冬が寒くて後悔しています

失敗した原因は、主人のこだわりです。

玄関から家に入ったとき、広めのリビングダイニングであるため、その開放感を感じること、板の目の綺麗さが見えること、の主人のこだわりにより、ドアなしにしました。

玄関から家の中が見えるので、証明やカーテンレールまでこだわることになりました。

広いリビングダイニングのため、部屋を温めるのも光熱費が大変になることを訴えましたが、断熱性、保温性の高い住宅だと、主人とハウスメーカーの方に説得されてしまいました。

結果、冬は人が玄関の出入りするたびとても寒いです。

直に外の空気が入ってきます。

玄関から丸見えなので、いつもリビングダイニングをきれいにしておかないといけません。

今は主人を説得して暖簾を下げてやり過ごしていますが、下からすーっと寒い風が来るので、床に座ると冷えます。

せめて床暖房を入れればよかったと思っています。

今回主人のこだわりだったので、やめることはできませんでしたが、ハウスメーカーのモデルルームの見学だけでなく、実際の住宅の見学が出来たら説得できたのではないか、と思います。

モデルルームは寒さ暑さも感じないほど冷暖房完備なので、実際の住宅で現実感を肌で感じていれば失敗しなかったのではないかと思います。

ゆくゆくはドアを設置するリフォームをしたいと思っています。

続きはこちら>>>>>成田市の注文住宅