建売を選んだが、コンセントの場所が悪く家での使い勝手が悪い

立地がよければ内装はなんとでもなると思い建売住宅にしたが、内装が自分の好みに変えられてもコンセントの場所のような移動手段のない物はどうしようもなかった。

コンセントの位置が悪くリビングの隅っこでしかパソコン作業ができなかったり、暖房機器がおけない。

リビングの中央のソファでスマホを充電できたらいいな、テレビを見ながらアイロンをかけたいな、ができない。

こたつを置くにもタコ足配線で伸ばしている状態。足に引っかかったり見ためも悪くてコンセントがないことに不満がある。

キッチンも調理場の背面にコンセントがあるためハンドミキサーなどの機械を使うときも振り向いて使わなければならない。

正面まで持ってくると配線が邪魔になり調理しずらくなってしまう。

もっというとコンロの後ろが冷蔵庫がよかったがコンセントの場所上、キッチン入り口に冷蔵庫がありすぐとりにいけない。

増設工事も考えたが壁に穴をあけたり配線したりとお金や時間もかかることから今はそのままですごしています。

建売住宅ならばプロの作った設計だし、素人の自分がやって失敗するよりは大丈夫だろうという思い込みで建売を購入し失敗をしてしまった。

やはり面倒でも土地を探して自分で考えた間取りの注文住宅にすればよかったと思っている。

詳しく調べたい方はこちら>>>>>横浜市緑区 新築一戸建て